小型船舶免許(ボート免許)の新規取得、更新申請、期限切れや紛失等による再交付申請、登録事項の訂正申請などの船舶免許に関する各種申請手続きを専門にしています。
HOME お問い合わせ
これから船舶免許をとられる方
国家試験の概要
  ・免許を取得できる年齢
  ・身体検査
  ・学科試験
  ・実技試験
国家試験日程
  ・愛媛県
  ・高知県
  ・香川県
  ・徳島県
2級小型船舶通常コース
2級小型船舶1日コース
2級小型船舶独学コース
1級小型船舶通常コース
1級ステップアップコース
実技講習のみ
水上オートバイコース
講習日程
当スクールの特徴
各種割引サービス
お申し込み
合格発表

すでに船舶免許をお持ちの方
船舶免許制度の概要
  ・船舶免許の種類
  ・特定操縦免許制度
  ・小型船舶の範囲
  ・免許不要の小型船舶
  ・船長の遵守事項
  ・行政処分・再教育講習
船舶免許の更新
船舶免許の失効再交付
船舶免許の訂正
船舶免許の紛失等再交付
更新・失効講習日程
  ・愛媛県
  ・高知県
  ・香川県
  ・徳島県
  ・講習会場一覧表
当事務所の特徴
料金表
お申し込み
更新時期の案内サービス

事務所のご案内
船舶免許Q&A
リンク
プライバシーポリシー

国家試験の概要

免許を取得できる年齢
ボート免許は、次に示す受験可能年齢から試験を受けることができますが、合格しても免許取得可能年齢に達するまでは、免許証が交付されません。

受験可能年齢及び免許取得可能年齢
試験の種別 受験可能年齢 免許取得可能年齢
1級 17歳9ヶ月 18歳
1級ステップアップ 17歳9ヶ月 18歳
2級 15歳9ヶ月 16歳
2級(湖川) 15歳9ヶ月 16歳
特殊 15歳9ヶ月 16歳

※2級の場合、満18歳に達するまでは、若年者5トン限定が付されます。

身体検査
身体検査は、視力、弁色力、聴力、疾病及び身体機能の障害の程度について、必要な身体検査基準を満たしているかを検査します。
なお、身体検査に合格しないと、学科試験及び実技試験を受検することができません。


合格基準
視力 @両眼共に0.5以上であること。(矯正可)
A一眼の視力が0.5未満の場合、0.5以上の視力を有する眼の視野が左右150度以上であること。
色覚 夜間において船舶の灯火の色を識別できること。
(灯火の色が識別できない場合は、日出から日没までの間において航路標識の彩色を識別できれば、航行する時間帯が限定された免許を取得できます。)
聴力 5mの距離で話声語(普通の声)が聴取できること。(補聴器可)
疾病及び身体機能の障害 軽症で小型船舶操縦者の業務に支障をきたさないと認められること。

学科試験
学科試験は、「操縦者の心得及び遵守事項」「交通の方法」「運航」の3科目の試験が行われ、1級ではこれらに「上級運航T」と「上級運航U」を加えた5科目の試験が行われます。
試験形式は四肢択一問題です。

学科試験科目と問題数、試験時間
試験の種別 試験科目及び問題数 試験時間
操縦者の心得
及び遵守事項
交通の方法 運航 上級運航T 上級運航U
1級 12問 14問 24問 8問 6問 2時間20分
1級ステップアップ 8問 6問 1時間10分
2級 12問 14問 24問 1時間10分
2級(湖川) 10問 8問 12問 30分
特殊 12問 10問 18問 50分

合格基準は、各科目とも50%以上正解で、かつ、合計得点が全体の65%以上あることです。


学科試験での注意事項
(1)学科試験当日は、集合時間に遅れないようにしてください。遅刻されますと受験できない場合があります。

(2)受験票、鉛筆、消しゴム、1級受験者はさらに、三角定規、ディバイダ、コンパスを忘れないようにしてください。


実技試験
実技試験は、実際に試験船に乗船し、操縦技術や船を動かすために必要な技能の試験が行われます。

実技試験科目と配点、試験時間
試験の種別 試験科目及び配点 合計 試験時間
小型船舶の取扱い 基本操縦 応用操縦
1級 70点 100点 130点 300点 30分程度
1級ステップアップ 免除 免除 免除 免除 免除
2級 70点 100点 130点 300点 30分程度
試験の種別 小型船舶の取扱い 操縦 合計 試験時間
2級(湖川) 60点 240点 300点 10分程度
特殊 90点 210点 300点 15分程度

1級及び2級の合格基準は、各科目とも60%以上の成績で、かつ、合計得点が全体の70%以上あることです。
2級(湖川)及び特殊の合格基準は、合計得点が全体の70%以上あることです。



実技試験で使用する船
試験の種別 使用する試験船
1級 総トン数5トン未満、長さ4m以上9m未満の滑走型船
1級ステップアップ 実技試験免除
2級 総トン数5トン未満、長さ4m以上9m未満の滑走型船
2級(湖川) 推進機関の出力が15kw未満、長さ3m以上9m未満の船外機船
特殊 定員3名の水上オートバイ


実技試験での注意事項
(1)服装は雨や波しぶきで濡れても良いものを着用し、雨天時には必ず雨がっぱ等を持参してください。

(2)靴は底が滑りにくいデッキシューズやスニーカーを履くようにしてください。裸足やサンダル履きでの受験だと減点の対象になります。


このページの上へ▲
やました海事事務所 ガイヤボートスクール
〒791-8071 愛媛県松山市松ノ木1丁目11−24
TEL:089-989-9995 FAX:089-989-9996
E-mail:info@yamashitakaiji.com
Copyright(C)やました海事事務所 ガイヤボートスクール All right reserved.

kousinnbi.htmlへのリンク